引っ越し 荷物預かり

一番安い引越し業者を探す方法

引っ越しの荷物預かりサービス

引っ越しの荷物預かりサービスを提供している引越し業者

 

引っ越しの荷物預かりサービスを提供している引越し業者はいろいろありますが、立替引っ越しの場合だけ対応してくれる業者や、トランクルーム会社を紹介してくれる業者、短期間なら無料で預かってくれる業者など、様々な業者があります。

 

もしあなたの引っ越しが急に決まって、住むところを探す時間が無い場合、新しい部屋が見つかるまで一時的に荷物を預かってもらいたいのであれば、対応してくれる業者は限られるかもしれません。

 

大手の業者だけを探していると、立替ではない場合の荷物預かりをしてくれる業者はなかなか見つからなかったりしますが、地方には、荷物預かりをしてくれる業者が結構あったりします。

 

引っ越しの荷物預かりサービスを提供している格安の引越し業者を探すためには、複数の業者から一括して無料で見積もりをもらうことができるこちらのサービスを利用することをおすすめします。

 

日通の荷物預かりサービス

日通にも荷物預かりサービスがあります。ただし、住居の建替えの期間中に家財の保管と新居への引っ越しを一括して引き受ける場合に適用されるサービスです。引っ越しとトランクルームが設置になったサービスです。

 

国土交通省認定のトランクルーム施設に保管するので、安心して荷物を預けることができます。

 

リフォームや建て替え引越しに適用されるサービスなので、一時的に預かってもらうだけの場合、利用できるのかどうかは、日通に確認する必要があります。1週間以内とか対応してくれるかどうか、見積もりをもらうときにしっかりと確認してみてください。

サカイ引っ越しセンターの荷物預かり

サカイ引っ越しセンターも荷物預かりサービスを用意しています。ただし、こちらも建替え引っ越しのみ対応するものです。新築や増設などに伴って引っ越す場合だけ、一時預かりをしてくれます。

 

荷物預かり料金ですが、荷物の量や期間によって違います。そして、引っ越しとは別に、一時保管契約書などの書類を作成する必要があります。

 

一時預かりの場合、トランクルームと違うところは、いったん預かった荷物の中から、一時的に一部の荷物を取り出すようなことができないと言うことです。新築した家に荷物を搬入する際に届けてくれるだけです。

ダック引っ越しセンター

ダック引っ越しセンターにも荷物預かりサービスがあります。

 

ダック引っ越しセンターは関東を中心に展開している業者なので、なじみが無い方も多いかもしれません。

 

ダック引っ越しセンターの荷物預かりサービスは、短期の荷物保管にも対応しているということです。新築や増改築だけではなく、転勤で荷物を一時的に預かってほしいときにも利用できるのです。

 

長期だけではなく、短期の荷物預かりも対応してくれるので、急に転勤が決まって、とりあえず引っ越さなければいけないときに便利です。転勤前に現地に家を探しに行くことができない場合、現地でホテルに宿泊して、じっくりと部屋を探すことができます。

 

ダック引っ越しセンターでは、空調施設がある貴重品用のコンテナもあるので、安心して荷物を預かってもらうことができます。

 

料金の目安ですが、1コンテナ(和室の押入れ1間相当)で税込18,900円が目安になります。

 

これに、搬出や搬入料金が必要になります。この料金は、荷物量や移動距離によって変わるので、実際の料金は見積もりを取らないとわかりません。